上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN5039.jpg
DSCN5046.jpg

三千院

8世紀、最澄が開山した比叡山に建立された円融房に起源を持つ。
移転を何度も繰り返しており、坂本・東山・紫野など転々した後に現在の場所に移ったのが1871年。
梨下房、円徳院、梨下門跡、梶井門跡と場所が変わる度に名称が変わっていた。
現在知れ渡っている「三千院」と言う名前も大原移転後の明治以降に広まった名前だ。

おい某ハヤテのナギを連想した奴は表でろ。握手しようず
DSCN5055.jpg

DSCN5068.jpg



DSCN5082.jpg

往生極楽院

三千院が移転してくる前からこの場所に存在していたが、三千院の境内に取り込まれた。
国宝の阿弥陀三尊坐像が中に置かれている。
このアングルの写真、見た事がある人も多いのではないだろうか?

DSCN5111.jpg

わらべ地蔵

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mokkyobiyori.blog.fc2.com/tb.php/352-205f2ff3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。