FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.11 2年
東日本大震災から2年

マグニチュード9.0という歴史上でも日本最大級の地震。
波が堤防を乗り越えてじわじわと迫り、そして僅か数分も経たぬ内に街が沈んだ。

その後の止まない地震、そして福島第一原発の事故。
あの時は日本の終わりの可能性を本気で抱いてしまった。

あれから2年が経過したが、まだ復興は見えてこない。
何十年…原発避難地域は下手したら何世紀も掛かるだろう。
阪神大震災が目に見える速度で復興して行ったのは対照的だ。
この辺りも、都市と地方の格差があるのだろうと感じる。

東日本大震災によって15881人もの人々が亡くなり、2668人が未だに行方が分からない。
恐らく生きている可能性は絶望的だろうが、捜索は現在も続いている。
震災で亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

ブログ開設初期の記事で少し触れたが、昨年の3月に被災地である気仙沼に行って来た。
ここで1年前の気仙沼の写真を残しておく(2012年3月21日撮影)

IMG_0152.jpg

道路や電気は何とか復旧している。逆に言えばそれだけだった。
この場所から、少し高い場所に構える家は変わりなく建っていた。
たった数メートルの高さが明暗を分けてしまったのだろう…。

後ろには映像でも有名な打ち上げられた船も映っている。
この船も近い内に撤去の方針だそうだ。

IMG_0162.jpg

津波に流された神社の跡。
高さ7,8mはある高台だが、その高さまで津波が飲み込んだ。

ここから気仙沼市内が一望できたので、眺めてみる。
前に目を向けると未だに残る瓦礫の山、背後には震災当日の大火災の跡が生々しく見えた。
復興・・・という言葉が全然見当たらなかった。

IMG_0176.jpg

地盤沈下で波が岸壁を乗り越えて押し寄せている。
写真を撮る前は少し越えているなぁと思っていたが、気が付く頃には危うく海水に囲まれるところだった。
この状況で再び津波が来たらどうなるのか…不安を感じた。

ちなみに自転車は駅で借りたレンタサイクル。これで気仙沼市街を周った。
とにかく風が強かったので、前もって倒してある。
突風が吹くたびに粉塵が舞い上がり、それが顔に当たって痛かった。

他にも写真は多くあるが、割愛。もしかしたら改めて書き起こすかもしれない。

(以下、個人的な話。不謹慎だと感じる方は閲覧非推奨)
追記でもう1つの2年について触れておく。

モッキーがサイクリングで乗っている愛車(CANONDALE,QUICK5)。
どういう偶然なのか、購入した日が正に3.11その日だった。

正月に手に入れたお金を基に、1ヶ月前からこの自転車に目星をつけていた。
期末テストが終わり溜まっていた学校の用事もやっと片付いたので、念願の自転車を購入。
そのまま初サイクリングに出掛けたその頃、日本は揺れた。
モッキーが居た大阪南部は地震の揺れは殆ど無く、何より浮かれていたから全く気付かなかった。
だから、遠く離れた東北の惨状など知りもせずに新しい自転車に乗っていた。
そして家に帰ってTVを付けた瞬間、凍りついてしまった。

現在の走行距離は2788㎞。購入2年の前に3000㎞を越えられなかったのが少し惜しい。
これからの春は十分に仕事をしてもらおう。
出来るならば、1度で良いので東北の地をこいつで走ってみたい。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mokkyobiyori.blog.fc2.com/tb.php/339-1d13e392
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。