FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JRグループは15日、特定のエリアを周遊できる乗車券「周遊きっぷ」を、2013年3月31日の利用開始分で終了すると発表した。
周遊きっぷは、1955年に発売開始された「周遊割引乗車券」(周遊券)にかわる切符として、1998年に登場した。当初67のゾーンで設定されていたが、利用者数の減少に伴い徐々にエリア数が減り、昨年4月からは13のゾーンのみに。JR共通で時期に関係なく使用できるフリー切符として、「北海道ゾーン」や「四国ゾーン」、「九州ゾーン」などは鉄道ファンの注目度が高かったが、今年3月末で全廃することになった。
4月以降、首都圏から北海道への旅行者向けに、JR東日本とJR北海道が新たなフリーきっぷを発売する。JR北海道全線に乗車できる「北海道全線フリーきっぷ」と、函館や札幌を含む道南エリアに乗車できる「みなみ北海道フリーきっぷ」の2種類。4月1日分から発売する。フリーエリア内では特急・急行列車の普通車自由席が乗り降り自由で、フリーエリアまでの往復は、東北新幹線(東北本線)の運賃部分が有効。特急券等を購入して東北新幹線や寝台特急「あけぼの」に乗車できる。価格(大人用)は、「北海道全線」(5日間有効)が2万9800円、「みなみ北海道」(3日間有効)が2万3000円。都区内発着の場合、周遊きっぷの「北海道ゾーン」よりも安く北海道の鉄道旅行ができる。

<鉄道コムより引用>


ニュースカテゴリに入れるかどうか少し迷ったが、鉄道カテゴリに。
これはまた鉄道マニアから批判の声多く出そうだな。

一般人だけでなく鉄道好きの中でも周遊きっぷと聞いて「何それ?」って思う人の方が多いだろう。
『青春18きっぷ』や『フルムーングリーンパス』と比べると、明らかに知名度は低い。
更に駅員の中でも慣れてない人が多く、トラブルの原因にもなっていたそうな。
大して需要も少ない上に、販売するとしても色々と面倒・・・確かに廃止は妥当かもしれん。
(まぁ、後者に関しては「ちゃんと教育しとけ」と思うのが一利用客の意見だが)

使い方次第で柔軟に動けるので結構便利な切符だから、かなり残念。
歴史もかなり古く、明治時代の遊覧券から続くものだったが遂にその長い歴史に幕を閉じる。

春休み中は使えるみたいだから、最後に1回でも使ってみようかなぁ。
恐らく、今春の周遊きっぷの売り上げは爆発的に増えるだろう。
ちまちま売るより、廃止を宣言して一気に売る方が儲かるのだろうか・・・。

(↓以下私弁)


何というか・・・乗ろうと決めた(考えた)矢先に廃止になるというジンクスがモッキーにはある。

九州にブルートレインで行きたいなぁと中学時代思っていたら、大阪発の夜行列車が全廃。
中学の卒業旅行で『ムーンライトながら』を乗ろうと思ったら、直前のダイヤ改正で臨時化(全車指定)に。
高校の卒業旅行、東北に行こうと計画していた矢先に『きたぐに』『日本海』が臨時化。
昨年、その臨時を使ったプランを考えていたら、その臨時自体も消滅。
そして現在、春休みの鉄道旅行を練っている最中にこのニュース。

・・・これほど1,2年早く生まれていればと恨みたくなったケースは無い。
もしや、モッキーが乗りたいと願うから廃止になるのか?
デスブログもといデストレイン・・・まぁ、偶然なんだけど。

こんなことを言うと懐古厨と呼ばれそうが、どうも最近の鉄道の旅は面白味がない。
お得なフリー切符や夜行列車の廃止、新幹線開業による在来線分離等々。
もちろんインフラとは言え企業なのだから、利益追求の為に不利益な部門を削るのは仕方ない事だが…。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mokkyobiyori.blog.fc2.com/tb.php/333-3dc33bf9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。