上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DSCN3945.jpg

新年明けて1月2日。
元日の次の日は親戚一同が集まるのがうちの恒例行事だが、モッキーにとっては暇で暇で仕方ない。
と言う訳で、ちょっと名古屋までお出かける事にする。
1人で出かけようかと思ったが、せっかくなので実家が愛知の大学の友人を誘うことにした。
誘ったのは実家が岡崎のdragons_34_3さん(通称masaさん)。

dragons_34_3さんのブログ⇒のんびり気ままにやってみる

金山駅で合流して、まず向かったのは大須観音。
1612年、徳川家康の命によって美濃国中島郡(現在の岐阜県羽島市)からこの場所に移転された。
大須はその門前町として発展した・・・のだが、現在の大須はサブカル街の印象が強すぎる。
1970年代に家電店やPC専門店が多く移転し、秋葉原・日本橋に並ぶオタg…電気街となった。
「おかえりなさいませ~」でおなじみのメイドカフェも大須発祥なんだとか。

時間はまだ朝の9時半なので、店はまだまだ閉まっている。
その中でも、サブカル店はやはり目立つ。・・・俺も病気だな。
DSCN3948.jpg

大須から栄を抜けて、次に向かったのはテレビ塔。
高さは180m。1954年に日本最初の集約電波塔として建設された。
現在は瀬戸市のデジタルタワーに役目を譲ったが、今でも名古屋のシンボルである。
同時期に建設された東京タワー(1958年)や通天閣(1956年)と比べると、どうも存在感は薄いが…。

DSCN3952.jpg

IMG_1048.jpg

入場料600円を払って、高さ100mの展望台へ。
このテレビ塔、エレベーターだけでなく階段でも登る事が出来る。
展望台まで435段。最後まで登り切れば、景品と交換することができる。

エレベーターの周りを螺旋状にグルグル上がっていく。
地味に階段の角度がキツいのが堪えてくる。
・・・ちょっと上がるの早くないすか、masaさん。
単に写真撮ったり、途中で休んだりしてモッキーが遅いだけかもしれないが。

DSCN3954.jpg

うひゃー、高けぇ!
下を見てしまうと、思わず足がすくんでしまう。
高さ100mのビルから下を見下ろすより、高さ10mの吊り橋から下を見る方が怖いのと理屈は同じか。
絶対に落ちる訳が無いのは分かっているのだが、それでも恐怖感をあおられる。
高所恐怖症の人は絶対に来ない方がいいな(笑)

DSCN3958.jpg

登り始めておよそ8分で展望台に到着。
テレビ塔に着く前は晴れていたのに、展望台に着いた頃には空は曇っていた。
後で写真を見ると、登り始めた時点(3枚目)には曇り始めてるんだよなぁ。

西に目を向けると名古屋駅。セントラルタワーズやミッドランドスクエアが見える。
かつて高さが売りだったテレビ塔も、今では超高層ビルにあっさり抜かれている。
大阪でも、通天閣(高さ100m)のすぐ近くに3倍の高さの阿倍野ハルカス(300m)がもうすぐ出来る。
かつての高さのシンボルが、今では陰に隠れてしまうのも時代の流れか。

行きは8分掛けて登った所を、帰りはエレベーターを使って1分も経たずに帰還。
流石に帰りも階段で降りる気にはなれん(笑)
ちなみに景品はラムネでした。後でモッキーが美味しく召し上がりましたとさ。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mokkyobiyori.blog.fc2.com/tb.php/317-bb0fe57a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。