FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日は毎年12月7,8日に千本釈迦堂で行われている大根焚きに行って来た。

大根焚き自体は、成道会(釈迦が悟りを開いた日を記念する行事の)の一環である。
鎌倉時代にこの寺の僧が法要の時に大根の切り口に梵字を書いて息災祈願を行なったのが起源らしい。
この時期に大根を食べると中風(脳血管障害)にならないそうだ。
同じような法要が千本釈迦堂だけでなく、京都各地で行われている。

おでんの具でも、好きな物はと聞かれたら大根と即答するモッキー。
何より暖かい物が食べたいという訳で寒空の中、自転車をこいで向かった。
でもさぁ、暖かい物を食べる為に凍えて自転車に乗るのってなんかおかしくね??
DSCN3810.jpg

大根を貰う為には、まず整理券を買わないといけない。
料金は一杯1000円。持ち帰る場合、追加料金150円で受け皿がもらえる。
大根程度に1000円は高くね・・・と思っちゃいけない。

DSCN3814.jpg

さっきの券を炊き上げ所で渡すと、焚きたての大根を貰う事が出来る。
奥に見えてる大鍋で大根が料理されている。
辺りには大根の良い匂いがただよっている。うわ~、食欲がそそられるなぁ。

DSCN3812.jpg

大根は京野菜の聖護院大根。普通のダイコンと比べて小ぶりだが直径がデカい。
で、カラメルで梵の字が書かれているらしいのだが・・・見えねぇ。
・・・うん、心の目で見ればはっきり分かる筈だ。

味の方は申し分のない美味さ。
おでんの大根と比べちゃ失礼な味だ。
1000円と言う金銭補正もあってか、じっくり時間を掛けて食べた。
おかげで、冷え切っていた体がホカホカ温まった。ごちそうさまでした。
そして帰り道でまたキンキンに冷えましたとさ。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://mokkyobiyori.blog.fc2.com/tb.php/290-2c194da3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。